デビットカードの作り方講座

VISAデビットカードはどこがおすすめ?

圧倒的に使いやすいVISA

クレジット機能を持つロゴにはVISAやMASTER、JCBなど世界的なブランドがたくさんありますが、その中でも世界中で圧倒的な普及率と加盟店数を誇るVISAは、デビットカードのロゴとしてついていてもとても便利に使うことができます。日本国内でのショッピングやレストランでの飲食に便利というだけではなく、海外旅行の際にもいろいろな場所で利用できるので、クレジットカードとして使うこともできるのが魅力です。

おすすめは三菱東京UFJ銀行

VISAデビットカードを発行している金融機関でもおすすめなのは、三菱東京UFJ銀行のものです。デビットカードはもともとキャッシュカードとして機能しているので、このカードを作るためには三菱東京UFJ銀行に普通口座を開設する必要がありますが、15歳から発行してもらえるので高校生でも持つことができますし、23歳までなら年会費がかかることがないので、お小遣いの範囲でデビットカードを使いこなしたいという人にもおすすめの一枚となっています。24歳以上になると年会費が1080円(2015年12月現在)かかりますが、年間10万円以上の利用があればその翌年の年会費が無料になるので、利用状況によっては毎年年会費実質ゼロで維持することができます。

楽天銀行はゴールドデビットカードも

楽天銀行もVISAデビットカードを発行している金融機関の一つで、こちらはリーズナブルに維持できるクラシックデビットと、ステータス系のゴールドデビットの2種類がラインナップされているのが特徴です。クレジットカードのようにデビットカードを利用することによってポイントが貯まったり、不正利用補償などが充実していたりするので、クレジットカードの代わりにデビットカードを使いこなしたい人でステータス系が欲しいという人にとってはおすすめの一枚となっています。かかる年会費ですが、クラシックカードなら年間1029円(2015年12月現在)。ゴールドデビットなら3086円(2015年12月現在)となっています。