デビットカードの作り方講座

JCBデビットカードは使いやすいのか?

日本国内では使いやすい

JCBロゴの付いたデビットカードは、JCB加盟店で使うことができます。国内はもちろん海外でも1800万店の加盟店があるので海外旅行の際にはクレジットカードの代わりとして利用することもできますし、国内ではVISAやMASTERよりも加盟店が多いので、とても使いやすくて便利だからロゴはJCBが良いという人も多いのではないでしょうか。国内はもちろん、海外旅行でも日本からの観光客が多いエリアでは加盟店が多いので、それほど不便に感じることが少ないのがJCBロゴの特徴です。ただし、全世界ではVISAやMASTERと比べて加盟店が圧倒的に少ないため、海外旅行の際にJCBデビットカードだけでは少し不便に感じることもあるかもしれません。

ネットバンクなら楽天銀行が便利

JCBデビットカードを取り扱っている金融機関には、千葉銀行や北洋銀行などがありますが、JCBロゴのデビットカードは年会費がかかるものが多く、年会費を永久無料で持ちたい人なら、楽天銀行のJCBデビットカードがおすすめです。このカードは16歳以上なら高校生でも持つことができますし、楽天銀行に口座があれば審査などは一切せずに発行されるので、クレジットカードが作りにくいという人にとってもおすすめの一枚となっています。しかも、楽天銀行のデビットカードは他のJCBデビットカードと比べるとポイント還元率がとても良いですし、旅行保険やショッピング保険などもついているのが特徴です。

利用できる時間

JCBデビットカードに限らず、デビットカードは利用した金額をリアルタイムで銀行口座から引き落とすため、365日24時間いつでも自由に利用できるというわけではありません。銀行が残高を確認した上で利用を承認するため、確認が可能な時間帯だけの利用となっているのが特徴です。利用できる時間帯は金融機関ごとに異なっていますが、一般的にはATMを使って時間外手数料がかかる曜日や時間帯にはデビットカードの利用はできないことが多いようです。これは日本時間が基準なので、海外旅行の際には気をつけてください。