デビットカードの作り方講座

知っておきたいデビットカードのメリットとは

使いすぎないのが最大のメリット

クレジットカードで支払いをすると、銀行口座にいくら残高があるかに関係なく、利用金額は利用分をまとめて翌月に返済となります。リボ払いや分割払いを選択することもできますが、基本的には翌月一括返済となっているのがクレジットカードの特徴です。うっかり自分の返済能力を超えて使いすぎてしまうと、引き落とし日に銀行に十分な残高が入っていなくてトラブルになる可能性もあります。しかしデビットカードの場合には、利用する際に銀行の口座残高がチェックされて十分な残高がなければ利用することができないため、返済能力を超えて使いすぎてしまう心配がないというメリットがあります。

審査が必要ない

デビットカードは、「買い物に使えるキャッシュカード」です。銀行口座を開設するとほぼ自動的にキャッシュカードが発行されますが、キャッシュカードの発行に当たって審査が行われることはほとんどなく、本人確認ができれば過去の借り入れや返済状況、収入の有無などに関係なく発行してもらうことができます。キャッシュカードにVISAやMASTERなどのロゴをつけて使いやすくしたデビットカードも、基本的にはキャッシュカードなので、発行する際にはクレジットカードのような審査が行われることがありません。クレジットカードでは審査に通らないという人にとっては、デビットカードなら審査がないので持つことができますし、カードが必要な時にはとても便利な一枚と言えるでしょう。

現金を持ち歩く必要がない

デビットカードがあれば、銀行にいくら入っているか残高を把握していれば、その金額を上限にいくらでも利用することができます。まとまった金額の買い物をする場合などには、デビットカードやクレジットカードがなければ現金を持ち歩かなければいけないわけですが、大量の現金を持ち歩くことは安全面でも防犯面でも心配なものです。デビットカードがあれば現金を持ち歩かなくてもショッピングやレストランでの飲食の支払いをスマートに済ませることができるので、大きな安心感を得ることができます。