デビットカードの作り方講座

スルガ銀行のデビットカードは人気カード

デビットカードなのに審査がある

一般的なデビットカードは、申し込めば審査が行われることなく自動的にキャッシュカードとして発行されることが多いものです。しかしスルガ銀行が発行するデビットカードは、クレジットカードのような審査基準ではありませんが、簡単な審査が行われるため、場合によっては審査落ちする可能性はゼロではないのが特徴です。スルガ銀行がデビットカードを最初に発行したのは2006年とかなり古く、当初はICチップが搭載されていませんでしたが現在ではICチップが搭載されるとともにVISAロゴがついて日本全国はもとより海外でも使いやすくなっています。スルガ銀行のデビットカードは中学生を除く15歳以上なら学生でも自由に申し込むことができますし、年会費は永久無料なので、少額を上手くカード払いで管理したい人に圧倒的な人気があります。

J-Debitとしての利用も可能

スルガ銀行では、口座を開設してキャッシュカードの発行を依頼すると、すべてのカードが自動的にデビットカードになるというわけではありません。VISAのロゴが入っていない従来のキャッシュカードを発行してもらうこともでき、その場合にはICチップが内蔵されているので、J-Debitとして日本国内の加盟店ではデビットカードとして利用することができます。VISAのロゴが入っていないことによって海外での利用はNGとなりますし、利用可能な範囲が限定されるため、セキュリティ面が心配な人にとっては、こちらのカードの方が安心できるかもしれません。

どんな審査が行われるのか?

スルガ銀行では、キャッシュカードにプラスの機能を付帯したデビットカードを発行しているとともに、クレジットカードも取り扱っています。クレジットカードとデビットカードとでは基本的な使い方や機能が異なるため、どちらも審査が行われますが審査基準は大きく異なります。クレジットカードの場合には、収入や勤務先などがチェックされますが、デビットカードの場合には本人確認と住所確認ができれば基本的には審査にパスできるというシステムになっています。