デビットカードの作り方講座

キャッシュカードはすでにデビットカードかも!

J-Debitカードとは

デビットカードには、VISAやMASTERなどのロゴがついたブランドデビットと呼ばれる種類がある以外に、従来のキャッシュカードにICチップが埋め込まれて日本国内の加盟店でデビットカードとして利用することができるJ-Debitと呼ばれる種類もあります。このJ-Debitは現在日本の金融機関で発行されているキャッシュカードの多くが対応していて、大正銀行や信託系の銀行、農協系の銀行などの数行を除いたほとんどはJ-Debitとなっています。お手元のキャッシュカードをチェックしてみると分かりますが、金色をしたICチップが埋め込まれているものはJ-Debitとして加盟店で利用することができます。

見た目には分かりづらいJ-Debit

銀行口座を開設すると自動的に発行されるキャッシュカードの多くには、クレジットカードのような有効期限は設定されていないものがほとんどです。しかし、そんなキャッシュカードでもセキュリティ面が強化されたりして再発行されることは多く、ある日金融機関から新しいキャッシュカードが届いてこれまでのキャッシュカードと置き換える人は多いのではないでしょうか。そうした再発行されたキャッシュカードは現在ではほとんどがJ-Debitタイプになっているので、VISAやMASTERのようにクレジットカードのような使い方ができるわけではありませんが、日本国内45万か所の加盟店では、現金がなくてもキャッシュカードで支払いをすることができます。

J-Debitは使いやすいのか

J-Debitは、残念ながらVISAやMASTERのロゴが入ったブランドデビットと比べると使いづらいという特徴があります。利用できる時間は銀行がオープンしている時間のみなので、ATMで時間外手数料が取られる時間帯は一切使うことができません。また、利用できるのは日本国内に限定されますし、加盟店の数もVISAやMASTER、JCB加盟店と比べるととても少ないため、いつでもどこでも気軽に使えるというわけではありません。